勃起障害ができる有効な対策

男として生まれたからには勃起とは深い縁があります。ですが時として絶縁状態に・・・なんてことももちろんあり得ます。また勃起障害との縁を取り戻すためにできることは何でしょうか?調べてみました。

勃起障害と動脈硬化の関係

勃起障害とは、男性器が勃起しないこと、また勃起が持続しないことなどを意味しています。満足な性交渉を行うのが難しい、男性器の障害と定義されることも多いです。男性器が勃起するためには、まずは性的な刺激を脳に受けることが必要です。性的刺激を受けると、それが脳からの信号によって神経を介して陰茎に伝わります。すると陰茎海綿体の動脈が大きく広がり、血液が流れ込みます。陰茎海綿体はスポンジのような構造をしているため、流れ込んできた血液を吸い込むことでその重量を増すと言うのが、勃起のメカニズムです。勃起障害は、このメカニズムのいずれかに問題が発生している際に発生してしまいます。たとえばストレスや不安などがあって性的刺激を感じない場合、脳出血などによって脳の神経系に障害が発生している場合などが、その一例としては挙げられます。そして動脈硬化も、その原因のひとつです。動脈硬化は、動脈の血管壁が分厚くなったり、硬くなったりすることで、血液の流れが悪くなる症状です。ですから、この動脈硬化が陰茎海綿体の動脈に発生していれば、当然、そこに流れ込む血液の流れも悪くなるため、勃起障害が発生しやすくなると言うわけです。動脈硬化は全身病のひとつで、高血圧や糖尿病と言った生活習慣病とも密接に関係しています。動脈硬化が進行していると高血圧も進行している、そして高血圧によって糖尿病も引き起こされると言うことは、決して珍しいことではないのです。そして高血圧も糖尿病も、やはり血流の流れや神経の働きに大きく関係している状態、病気ですから、これらによって勃起障害が引き起こされることも多いのです。ですから動脈硬化は、勃起障害は勿論のこと、健康上においても様々な合併症を引き起こす引き金にもなりかねない症状だと言えます。いくつになっても満足の行く性交渉を行えるよう、動脈硬化には気をつける必要があります。