勃起障害ができる有効な対策

勃起障害ができる有効な対策

男として生まれたからには勃起とは深い縁があります。ですが時として絶縁状態に・・・なんてことももちろんあり得ます。また勃起障害との縁を取り戻すためにできることは何でしょうか?調べてみました。

勃起障害と勃起不全は同じか

勃起障害と勃起不全はどちらも英語ではErectile Dysfunctionの略であるEDと同じ意味となっています。
勃起障害とは性行を行う時に十分に勃起をしなかったり、勃起してもそれが維持できないできちんと性行が行う事が出来ない状態の事を言います。
勃起した時のペニスの硬さが十分でない場合やなかなか勃起しない場合も勃起障害の一種と言えます。
勃起障害が起きる原因は様々あり、神経や血管に何かしらの障害があって勃起できない場合もあれば、ストレスなどの精神的な影響を受けて勃起できない場合、薬物の副作用によって勃起障害となる場合もあります。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病に罹っている人は同時に勃起障害にもなりやすく、生活習慣病の人のおよそ8割にも及ぶと言われています。
また、日本ではストレスなどの心因性による人と合わせると、1千万人以上の人が勃起障害に悩まされていると言われています。
年齢が高くなるにつれてその割合も増えていきますが、若くても症状に悩まされる人もいます。
もし、EDであると診断された場合には一般的には薬による治療が行われます。
EDである事自体は性生活には支障が出ますが、生活自体に支障が出る訳では無く治療を行う場合は健康保険が適用されないために治療費の負担は大きくなります。
そうした治療費の問題と勃起障害である事を医師に相談するのが恥ずかしいという事から、ネット通販の個人輸入代行業者を利用して治療薬を手に入れる人もいますが、そうした通販では偽物がかなり販売されている事が問題となっています。
そのために、医師に相談するのにたとえ抵抗があるとしても、本当に真剣に悩んでいるのであれば、個人輸入代行業者を通して個人輸入をするよりもきちんと病院で医師に診断してもらう方が安心できます。

勃起障害の治療に保険は降りるのか

勃起障害の治療を病院や診療所などの医療機関で受ける場合は、主に泌尿器科が設置されている所に行って受けることになります。
医療機関における治療は薬物を使用して行うのが一般的ですが、この時に疑問として浮かび上がるのが勃起障害の治療に対する保険適用の有無です。
結論から述べると、勃起障害の治療に対しては保険適用の対象外である状態が現在も続いています。
つまり、病院での診察料や検査料や、調剤薬局での薬代や調剤費用は、全額自己負担しなければなりません。
なぜこのような状態が続いているのかというと、日本では原則として、治療を行わなければ日常生活をおくるのに支障をきたすおそれがある疾病に対して、医療行為に保険が適用される仕組みになっているからです。
医師による団体は、過去何度か勃起障害の治療薬を保険適用の対象とするよう求めてきていますが、未だに実現に至っていません。
日本の規制当局である厚生労働省は勃起障害の治療薬について、勃起力を一時的に補うための薬であり、症状を根治させるものではないという立場をとりつづけているため、この考えが変わらない限りは保険適用の対象となる可能性は無いといえるでしょう。
ただし、現在は勃起障害治療薬の成分の中に、他の病気の治療が目的であれば保険適用の対象となるものがあります。
その成分がタダラフィルです。
タダラフィルは服用後36時間まで勃起障害の改善効果が持続することで知られていますが、現在は前立腺肥大症に伴う排尿障害と肺動脈性肺高血圧症の治療薬としてであれば保険適用の対象となります。
仮に、保険診療で勃起障害の治療を行うのであれば、医師から前立腺肥大症が原因で排尿障害が起きていると診断を受けなければならないでしょう。

勃起障害になりやすい生活習慣

最近、雑誌や週刊誌、インターネットの宣伝記事で勃起障害という文字をよく目にします。
勃起障害とは、男性器の機能障害の事をいいます。
最近、日本でも多くの男性がこの勃起障害に悩まされています。
年齢は圧倒的に40台以降の男性が多いのですが、最近では若年性のED患者も多くなってきました。
カップルや夫婦の性交渉の時に勃起力が弱かったり、持続しない、勃起しないというのは男性にとって非常に恥ずかしい事です。
人によってきちんと病院に行って治療をしますが、大半の男性は恥ずかしさが大きくなかなか悩みを相談できずにEDをそのまま放置している人が多い状況です。
その原因としては様々ありますが、最も多い原因としては加齢によるものです。
加齢に伴って、生じる心臓病や糖尿病、高血圧症などの生活習慣病も障害の要因の一つです。
加えて飲酒や喫煙などを行う人は勃起障害になる確率が高いです。
若年性の人に関していえば、仕事のストレスや疲労、精神疾患などから障害を伴う人が多いです。
仕事が忙しく、睡眠時間が不規則で、食事などもファストフードなどを多く食べている人など、栄養状態が悪い人は生活習慣病に罹患しやすいため、きちんとした生活習慣に戻す必要があります。
もし生活習慣病などに罹患し勃起障害になってしまったときに使用するのが、勃起改善治療薬です。
有名な薬としてバイアグラが一般的に知られています。
薬の有効成分が、勃起の補助をします。
しかし、性的興奮を引き起こす薬ではありません。
あくまでも血液循環を良くする薬なので効果は人によって個人差があります。
もしあなたが勃起障害に悩んでいるならば、医師に相談して、的確な治療を受ける必要があります。
また勃起障害になる前に正しい生活習慣を身につけ、楽しい性生活を送る事が出来るように心がけましょう。

<ED治療薬の情報はこちらより>
レビトラ通販はここから
メガリス
バイアグラでED症治療をはじめよう
シアリスの効果と副作用